でっかい彫刻(わりばし骨組み編)

20191005_021

初心に帰って基本的な工作をやってみましょう。

20191005_009

今回はいつも教室内に無限に保有している「粘土」を大放出しての立体制作です。

作るときの条件が3つあります。

・30cm以上の高さ
・20cm以下の幅
・2~8本までの足で自立

実は粘土だけで作るにはかなり頭を使わないと達成できません(;´・ω・)
倒れないようにバランスをとるため、まずは骨組みから用意しなくてはいけません。
つなみ流は「わりばし」を多様します。加工がしやすく好きな形を細かく設定できます(^^)/

と言うことで最初は、わりばしを輪ゴムで「しばる」方法をマスターしていきます。
20191005_00120191005_002

2本の棒の間に、輪ゴムをひっかけて、引っ張りながらクルクル巻いてひっかける。
簡単ですが、丈夫につないでいくことができます(^-^)

20191005_005

人や動物の形につないでいき、どんどん大きくして30cmオーバーをめざしましょう!!

(。´・ω・)?と思ったら、これはマジックハンド…??

20191005_003
とちゅうから脱線しまくりなのはいつものことです!
みんなでイタズラするのにぴったりなアイテムができそうですね(*´Д`)
20191005_026
ながーーーーくしすぎると動かないぞ…(+_+)

骨組みができあがってきたら粘土をくっつけていきます。
20191005_00720191005_006

20191005_008
いつのまにか30cmの条件が消滅しつつありますが、なぞの生物たちが次々と登場(^▽^;)

20191005_020
土台の粘土が乾くのは来週です。
次回は細部を作って色塗りをします、楽しみですね(^-^)

 

 

 

20191005_010
っと思ったらなんじゃこりゃなデカいヤツがあるっ!!!?
(゚∀゚)全部わりばしっ!!!!!!!! かっこいいぜ(∩´∀`)∩

20191005_011
70cmオーバーの超機動要塞完成。
粘土とかやらんでこのまま保管でしょう…(*´ω`*)

このブログをお友達に紹介してね!

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア